« 活動は兵蟻のみ | トップページ | 新築家屋で確認された虫 »

2017年9月 4日 (月)

あるべきものがありません

シロアリ被害の兆候が見られなかった床板 昨日は、畳がブカブカするとご相談を頂いた大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。

大手ハウスメーカーが建築した建物で、他物件ですがこれまでに幾つも点検調査を行ったことがあります。しかし、この物件では床下点検口がありません。洗面所に床下点検口があったのですが、配管が邪魔となり床下へ侵入できません。

問題となった畳を上げたところ、違和感はありませんので、特に慌てる必要はないと判断しました。

お問合せを頂いた経緯ですが、お施主さまが化学物質にやや過敏とのことです。ハウスメーカーからシロアリ予防処理の提案を頂いたことがあるそうですが、先述の通りお断りしたそうです。それでも畳のブカブカが気になったとのことから、建築士の先生に相談したところ小員をご紹介頂いた次第です。当社の基本方針である点検調査を基本とし、不必要な薬剤は処理しない旨について説明させて頂き、ご納得頂きました。今後は床下点検口を新設した上で、シロアリ調査を行うこととしました。

薬剤を撒く必要のない物件で、薬剤を撒くことを当社は絶対に反対です。定期的な点検調査を行い、早期発見に努めれば問題ありません。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 活動は兵蟻のみ | トップページ | 新築家屋で確認された虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65750552

この記事へのトラックバック一覧です: あるべきものがありません:

« 活動は兵蟻のみ | トップページ | 新築家屋で確認された虫 »