« 5月中旬に発生した羽アリ | トップページ | 新たな場所から »

2017年9月21日 (木)

屋外からの侵入と

想定侵入経路への薬剤処理 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。この物件はサクラアリの羽アリが発生し、駆除処理を行っている物件です。

今回のご相談はゴキブリで、死骸を一度送付頂ていますが、確認されているのはクロゴキブリです。お施主さまからの聞き取り調査では、浴室や洗面でよく見掛けるとのことです。

早速現場で調査を行うと、外部侵入と内部で産卵孵化している可能性が考えられました。外部侵入に対しては侵入経路への薬剤処理を、内部繁殖についてはベイト剤の施工を実施しました。これで少しの間様子を見て貰うこととしましたが、周辺環境を確認すると高い確率で外部侵入しているようです。

外部侵入については限界がありますので、建築士の先生にもご協力を頂き物理的な対策を考えることとなりました。但し、今回の調査と施工で最も重要と感じたのは、環境対策です。ゴキブリの生息し難い環境をつくる、即ち整理整頓清潔清掃の4Sをどれだけ徹底できるかですが、これが実は一番難しいかもしれません。

|

« 5月中旬に発生した羽アリ | トップページ | 新たな場所から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65816077

この記事へのトラックバック一覧です: 屋外からの侵入と:

« 5月中旬に発生した羽アリ | トップページ | 新たな場所から »