« リフォーム中に | トップページ | 食害のある場所とない場所 »

2017年10月 3日 (火)

穿孔時の違和感

薬剤穿孔注入処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。先日シロアリ調査を実施済で、シロアリ駆除処理でお伺いした次第です。

この物件は構造がややこしく、逆ベタ基礎構造の店舗で床下がありません。シロアリは床下の上に貼られたフローリングで、被害が確認されています。

本来はシロアリ駆除処理を先行し、駆除が確認されてから修復作業を行うべきところですが、ハウスビルダーさんの希望から駆除処理と修復作業を同時進行することとなりました。

シロアリの侵入経路はある程度予想はできていたので、必要な箇所に穿孔処理を行い、薬剤注入処理を実施しました。しかし穿孔処理の際に違和感があり、どうやら床板が複数に貼られているようでした。この物件では、他のハウスビルダーさんによってリフォームが実施されており、どのようなリフォームが行われたかは不明でした。穿孔した際の感触から床下は複数に貼られており、どの層にシロアリが入っているかわかりません。そこで層毎に薬剤が回るよう穿孔処理を行い、薬剤注入処理を行いました。

シロアリ駆除を行う際、建物の構造は極めて重要な要素です。一般的には床下がありますのでシロアリ調査を行えば、構造はわかりますしシロアリの侵入経路や活動範囲を把握することができます。しかし逆ベタ基礎のように、シロアリ調査が不十分な場合、駆除処理時に得られる情報から対応する必要があります。

当社では建物構造に関わらず、シロアリ対策を実施しています。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« リフォーム中に | トップページ | 食害のある場所とない場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65864983

この記事へのトラックバック一覧です: 穿孔時の違和感:

« リフォーム中に | トップページ | 食害のある場所とない場所 »