« 対策打ち合わせ | トップページ | 再侵入及び新たな侵入はありません »

2018年2月 6日 (火)

必要な場所

薬剤は必要な場所へ処理すべきです 右の写真は、シロアリ侵入防止処理を実施している様子です。処理している構造は、布基礎+土間コンクリートです。

床下がコンクリートで覆われていると、一見シロアリは侵入しないと考えられるケースが多いようです。一般の方は勿論、ハウスビルダーさんや建築士の先生など家屋に係わる方であっても、シロアリは侵入しないと考えられるそうです。

リフォームを紹介するテレビ番組でも、布基礎にコンクリートを流し込んだものを『ベタ基礎』と呼んでいました。ベタ基礎と土間コンクリートでは、シロアリに対するリスクは天と地の差です。ベタ基礎でもシロアリが侵入している事例を多く見ていますが、土間コンクリートでは想像以上に侵入事例は多いのです。

薬剤処理は、布基礎と土間コンクリートの接点部分に処理すればよいのです。平米何リットルという大量の薬剤は必要ありません。薬剤の無駄使いであり、無駄な費用を発生させるだけにしか過ぎないのです。

シロアリ対策は、シロアリの生息状況や建物の構造に対応する形で対処すべきものです。それらを無視し、一括りにするマニュアル処理は如何なものでしょうか。当社ではシロアリ調査によって、本当に必要なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 対策打ち合わせ | トップページ | 再侵入及び新たな侵入はありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66364473

この記事へのトラックバック一覧です: 必要な場所:

« 対策打ち合わせ | トップページ | 再侵入及び新たな侵入はありません »