« 新たな成虫脱出孔 | トップページ | 発生したのは外来種 »

2018年2月 1日 (木)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、飼育中のカンモンシロアリの有翅虫(羽アリ)が群飛する様子です。シロアリフォーラムメンバーである福岡のサトーシロアリ技研さんから頂いたコロニーで、一昨年の1月末に群飛しました。

カンモンシロアリはその名の通り山口県と福岡県の関門海峡周辺に生息するシロアリです。現地では2~3月に羽アリが発生すると報告されています。カンモンシロアリはヤマトシロアリの亜種で、羽アリの外観はヤマトシロアリとそっくりですが、生態は大きく異なり、軒先など高い場所に被害が及ぶケースもあります。

シロアリは、その種類によって生態が異なります。一般的にシロアリ駆除処理やシロアリ予防処理はマニュアルに沿って行われますが、マニュアル処理ではシロアリの種類は考慮しません。マニュアル処理では高濃度の殺虫剤を大量散布することで、シロアリ駆除予防を行います。大量処理なのでシロアリを駆除することは可能ですが、安全性が高いとは言い切れません。大量散布は、お住まいの方への薬剤曝露リスクを向上させます。当社では、このような薬剤大量散布によるシロアリ対策をお薦めしていません。

当社では、事前の点検調査によってシロアリの種類や生息域などを特定し、最適なシロアリ対策をご提案します。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 新たな成虫脱出孔 | トップページ | 発生したのは外来種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66345859

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブサイト更新:

« 新たな成虫脱出孔 | トップページ | 発生したのは外来種 »