« 立春を過ぎたイエシロアリ | トップページ | スズメバチの巣 »

2018年2月13日 (火)

密接な関係にある水とシロアリ

水とシロアリは密接な関係にあります 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした物件で撮影した1枚です。シロアリ被害が、2階のベランダデッキまで広がる様子が確認されています。

これは、当該箇所が水が溜まる構造であることが原因です。シロアリは水の供給源があれば、2階であろうが3階であろうが登っていき活動して被害を与えます。

当該箇所までの経路は常に濡れている状態ではありませんが、シロアリは蟻道さえ構築すれば乾燥に対応できるのです。

建築される方や設計される方へのお願いですが、乾燥をシロアリ対策するのは止めて下さい。基本的には構造的な工夫を行い、必要に応じて薬剤で対応するものです。一般の方には、雨漏れを放置しないで下さい。放置すれば生物劣化は必ず進行しますので、早期対応が重要となります。

シロアリ被害が確認された場合には、シロアリ調査が重要となります。シロアリの侵入経路や活動範囲を精査することで、より効果的で具体的な対策を立案します。シロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 立春を過ぎたイエシロアリ | トップページ | スズメバチの巣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66388961

この記事へのトラックバック一覧です: 密接な関係にある水とシロアリ:

« 立春を過ぎたイエシロアリ | トップページ | スズメバチの巣 »