« 発生から10年が経過しても成虫脱出孔は確認されます | トップページ | パッシブソーラーシステム構造でのシロアリ駆除 »

2018年4月 8日 (日)

ライトトラップ撤去

ライトトラップ撤去 本日は昨日までご紹介したハウスビルダーさんと異なる物件での、アフリカヒラタキクイムシ対策についてご紹介します。

この物件では、フローリングや洗面壁面からアフリカヒラタキクイムシ成虫脱出孔が確認されました。洗面壁面については、全面撤去した後に下地への薬剤処理を実施しています。復旧時には材料を考慮し修復しています。

フローリングについては、薬剤処理等の化学的防除や物理的防除を組み合わせて処理を行っています。以降、天井裏や小屋裏にライトトラップを設置してモニタリングを実施しています。

対策初年度には数十匹のアフリカヒラタキクイムシ成虫の捕獲が確認されましたが、以降数匹の捕獲となっています。今回お施主さまからライトトラップの撤去依頼があり、対応させて頂きました。

お施主さまには、まだライトトラップにアフリカヒラタキクイムシ成虫が捕獲されており、いつ再発するか不明である旨を説明、再発があった場合必ず連絡を頂くようお願いをしました。

理想はモニタリングで捕獲数がゼロとなることですが、コストもかかることですので当社としては強要していません。最終的に家屋を守るのはお施主さまであり、それに対してアドバイスするのが当社のスタイルです。ヒラタキクイムシ類に関する情報は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考下さい。

|

« 発生から10年が経過しても成虫脱出孔は確認されます | トップページ | パッシブソーラーシステム構造でのシロアリ駆除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66585713

この記事へのトラックバック一覧です: ライトトラップ撤去:

« 発生から10年が経過しても成虫脱出孔は確認されます | トップページ | パッシブソーラーシステム構造でのシロアリ駆除 »