« 玄関周辺で確認された羽アリ | トップページ | 浴室内で発生した羽アリ »

2018年5月 7日 (月)

解体時に確認されたシロアリ被害

解体時に確認されたシロアリ被害 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム工事のため既存洗面部分を解体中にシロアリ被害が確認されたとのことから、シロアリ調査でお伺いした次第です。

早速現場で状況を確認すると、洗面土台付近でシロアリ被害が確認されました。基礎面に蟻道の構築がなく、浴室方向から被害が侵入していることから、浴室が侵入経路と考えられました。

基礎構造は布基礎+土間コンクリートで、一見シロアリの侵入し難い構造のように見えますが、浴室は在来構造であるためコンクリート接合面が多く、それら接合面クラックから侵入しているものと考えられました。浴室は翌日に解体するとのことですが、この状態ではシロアリ対策が必須となります。

一般的なシロアリ対策は薬剤の大量散布による方法が一般的ですが、同じ有効成分の農薬(殺虫剤)と比較すると、単位面積当たりの有効成分投下量は何百倍にもなります。これでお住まいの方の安全性が確保されるとは言い難いのです。

当社では薬剤の大量散布に頼らず、シロアリ調査によりシロアリの侵入経路と生息範囲を把握し、必要最小限の薬剤量でのシロアリ対策を行います。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 玄関周辺で確認された羽アリ | トップページ | 浴室内で発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66689964

この記事へのトラックバック一覧です: 解体時に確認されたシロアリ被害:

« 玄関周辺で確認された羽アリ | トップページ | 浴室内で発生した羽アリ »