« シロアリ被害部から | トップページ | 建物内への侵入 »

2018年5月16日 (水)

コロニーは地中に

土壌灌注処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。玄関袖壁にシロアリ被害が確認された物件で、先日シロアリ調査をしています。

シロアリは袖壁内部に蟻道を構築していましたが、屋外基礎面に蟻道は確認されていません。シロアリはコンクリート接合面にあるクラックから侵入していたものと考えられました。

家屋自体は逆ベタ基礎(土間床)構造であり床下がなく、室内側でシロアリ被害がないことからシロアリ対策は実施しませんでした。この物件で必要なシロアリ対策は、この玄関袖壁付近のシロアリ駆除することです。

シロアリ駆除は単に薬剤処理を行うだけではなく、コロニー(巣系集団)を駆除するのが本当のシロアリ駆除です。今回の事例では地中にコロニーがあるため、土壌灌注処理を施しました。土壌灌注処理では必要以上の薬剤を処理すると、環境汚染に繋がるため注意が必要です。使用する薬剤の種類、処理量と処理濃度には最善の注意が必要です。

|

« シロアリ被害部から | トップページ | 建物内への侵入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66723037

この記事へのトラックバック一覧です: コロニーは地中に:

« シロアリ被害部から | トップページ | 建物内への侵入 »