« 水漏れの点検と併せて | トップページ | 倉庫内での徘徊 »

2018年6月 4日 (月)

床下がコンクリートなので

土間コンクリートでのシロアリ侵入 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。

この物件では、先月上旬に洗面所付近から羽アリが発生したとのことです。お施主さまからの聞き取り調査によると、数年前にも羽アリが発生したとのことです。市販されているシロアリ用殺虫スプレーを購入し、発生個所に処理されたとのことです。

その後、数年間は羽アリが発生しなくなったことから、無事駆除できたものと考えられていたようです。集団で活動するシロアリに対して、部分的な殺虫スプレーで駆除できるほど甘くありません。地中ではシロアリが活動し続け、床組を食害していたのです。

お施主さまは、床下がコンクリートなのでシロアリは侵入できないと考えられていたようです。しかし床下の構造は布基礎+土間コンクリートなので、接点部分のクラックからは容易に侵入が可能です。床下からの点検調査では多数の蟻道が立ち上がり、床組では広範囲にシロアリ被害が確認されました。

お施主さまはかなりショックなようで、最初の羽アリ発生時にちゃんとシロアリ調査しておけばと後悔されておられました。きちんと駆除すれば問題ないことを説明したところ、安心して頂いたようです。

自分でできるシロアリ駆除キットを販売するサイトもあるようですが、それを購入されたお施主さまが自分で行った結果、再発してシロアリ駆除依頼を受けた事例も多くあります。シロアリ防除業者でさえ、きちんとシロアリ駆除できるのは一握りです。多くのシロアリ防除業者は薬剤を大量に撒くことで、家屋からシロアリを追い出しているのです。それをシロアリ駆除と勘違いしているシロアリ防除業者に、駆除技術はありませんのでご注意下さい。

当社ではシロアリ調査により、シロアリの侵入経路と生息範囲を特定し、必要最小限の薬剤量でシロアリ駆除を行います。シロアリ対策、調査、駆除のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 水漏れの点検と併せて | トップページ | 倉庫内での徘徊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66790505

この記事へのトラックバック一覧です: 床下がコンクリートなので:

« 水漏れの点検と併せて | トップページ | 倉庫内での徘徊 »