« 土を介さず | トップページ | 続く堆積と発生 »

2018年7月 3日 (火)

2種類のクロアリ

活動範囲への薬剤処理 昨日は、室内でクロアリが徘徊するとご連絡を頂いた奈良県内の物件にお伺いしました。この物件では、4年前にも室内でルリアリの徘徊が確認され、駆除処理を行っています。

早速、クロアリの徘徊しているとされる付近の調査を行った結果、クロアリの徘徊が確認されました。そのクロアリを採取し、同定を行った結果、ルリアリであることが判明しました。ルリアリの動線を調査し、薬剤の処理ポイントを決定しました。

ルリアリの動線を調査していた際、お施主さまがこちらでも徘徊していますとのことから、採取同定した結果、こちらのクロアリはアミメアリでした。アミメアリは特徴的な外観ですので、調査同定はし易い種となっています。こちらもアミメアリに動線を調査し、薬剤の種類、添加剤の種類と濃度、処理方法を最適化し、処理を行いました。

室内でクロアリが徘徊する事例は多くありますが、家屋内へ侵入するクロアリの種類は多岐に渡ります。クロアリだからこの薬剤を使用すればよいというものではなく、アリの種類、生態や食性などを考慮し、駆除処理することが重要です。

当社では室内で徘徊するクロアリ対策、駆除を承っております。その際、生息活動状況の調査を実施した上で、具体的な対策を立案及び説明提案させて頂きます。クロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 土を介さず | トップページ | 続く堆積と発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66894010

この記事へのトラックバック一覧です: 2種類のクロアリ:

« 土を介さず | トップページ | 続く堆積と発生 »