« 2種類のクロアリ | トップページ | 外部からの飛来 »

2018年7月 4日 (水)

続く堆積と発生

新たな成虫脱出孔 昨日はヒラタキクイムシ対策で、兵庫県内の物件にお伺いしました。いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、外来種のアフリカヒラタキクイムシが発生しています。一昨年から継続的に、アフリカヒラタキクイムシ対策を実施しています。

前回の対策から1ヵ月半ほど経過し、ここ数日間で新たに十数箇所の成虫脱出孔が確認されました。これまでと同様、物理的対策と化学的対策を組み合わせて対策をおこないました。

これら対策を継続的に実施していますが、発生が小康状態にはなかなかなってくれないようです。しかし、少しづつですが発生の度合いは減少傾向にあるようです。

この処理方法で、当面対策を継続する予定です。工夫を凝らした対策を実施を現在検討中ですが、部材への影響などもあり難航しているのが現状です。ヒラタキクイムシ対策は確立された方法がないためく、現場と対峙しながら対策を続けて行きたいと思います。

|

« 2種類のクロアリ | トップページ | 外部からの飛来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66900626

この記事へのトラックバック一覧です: 続く堆積と発生:

« 2種類のクロアリ | トップページ | 外部からの飛来 »