« これまでと異なる発生場所 | トップページ | 減少傾向 »

2018年7月14日 (土)

ホウ酸製剤処理

ホウ酸製剤処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。配管からの水漏れによって新築直後の土台が濡れたとのことから、防腐対策でご相談を頂いた次第です。

現場を調査すると、既に洗い屋さんによってきれいに仕上げられていました。結論的には、ホウ酸製剤による処理を行いました。ベタ基礎ですので、シロアリの侵入するリスクが極めて低いこと、長期に渡り防腐効果を付与させたいことから、ホウ酸製剤を選択しました。

ホウ酸製剤の利点は、ガス化しないことが化学合成系薬剤と異なる点です。安全性については高いのですが、使用量が多いためリスク評価上は決して良いのではありません。

効果面では水分の溶脱がないという前提であれば、高濃度で処理されているため高い防腐効果は付与されます。シロアリに対する効果ですが、処理された木材を食害すれば致死しますが、シロアリは賢い集団ですので直に処理された木材は食害しません。コロニーの駆除能力が不足しているため注意が必要です。設計されている方の中にはホウ酸製剤の特性を理解し、全棟ホウ酸処理される方もおられます。

薬剤は一長一短があり、その特性を理解した上で使用しなければなりません。予防処理では優位性がありますが、駆除処理ではシロアリ調査能力と駆除処理技術がなければ全く役に立ちません。薬剤を使い手の知識と技術がなければ、その薬剤が持つ能力は発揮されません。この薬剤を使えば大丈夫という方がおられたら、信用してはいけないことを覚えておかれるとよいでしょう。

|

« これまでと異なる発生場所 | トップページ | 減少傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/66936475

この記事へのトラックバック一覧です: ホウ酸製剤処理:

« これまでと異なる発生場所 | トップページ | 減少傾向 »