« 腹部が膨らんだアメリカカンザイシロアリ落翅虫 | トップページ | シロアリ調査で見つかったこと »

2018年8月 7日 (火)

壁内注入処理

壁内注入処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、シロアリ駆除のため大阪府内の物件にお伺いしました。先日、シロアリ調査を行った物件で、屋外基礎面に蟻道の構築が確認されています。

この物件は店舗で、逆ベタ基礎(土間床)構造となっています。逆ベタ基礎構造は、コンクリート平板の上に建物がありますので、シロアリの侵入可能な隙間がなく、一般的にはシロアリは侵入し難いと考えられています。しかし、実際には地面と床面が近いため、蟻道の構築距離が短くて済むため、意外と屋外側から侵入します。

シロアリ駆除処理の基本は、シロアリの活動域へ薬剤を送り込むことです。シロアリ調査段階で非破壊シロアリ探知機を用いて活動域を特定し、薬剤注入処理を行いました。精度よく薬剤注入処理を行いましたので、薬剤が屋外の蟻道内へ入っている様子が確認されました。最適な薬剤と処理濃度を調整して処理を行っていますので、きっちりとコロニーの駆除が完了するものと考えられます。

当社のシロアリ対策は、建物の構造を加味し、シロアリ調査によって活動範囲を精査し、適切なシロアリ駆除を行います。シロアリ対策(シロアリ調査及びシロアリ駆除)は、阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« 腹部が膨らんだアメリカカンザイシロアリ落翅虫 | トップページ | シロアリ調査で見つかったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67027827

この記事へのトラックバック一覧です: 壁内注入処理:

« 腹部が膨らんだアメリカカンザイシロアリ落翅虫 | トップページ | シロアリ調査で見つかったこと »