« 壁内注入処理 | トップページ | ウッドデッキのシロアリ被害 »

2018年8月 8日 (水)

シロアリ調査で見つかったこと

床下で確認された配管からの水漏れ 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。この物件はリフォーム中にシロアリ被害及び生息が確認された物件で、一度シロアリ調査を実施しています。

前回のシロアリ調査では、シロアリ被害及び生息の確認された箇所は増築された部分であり、床下側から侵入経路や生息範囲の特定は調査済となっています。今回は元々の床下の点検調査で、床下への侵入が可能となったことからシロアリ調査を実施した次第です。

シロアリ被害については、特に問題はありませんでした。しかし、シロアリとは別の問題が確認されました。それは床下での水漏れで、写真がその様子です。水漏れは給水管のエルボ部分からであることがわかりました。ハウスビルダーさんに報告し、補修して頂くこととなりました。

今回の事例のように、床下での配管等からの水漏れは時々確認されます。水漏れ量が多いと水道料金が高額となり気付くケースがありますが、水漏れ量が少ないとわかりません。シロアリ調査では、単にシロアリ生息の有無を調べるだけでなく、床下の健康状態を調べます。健康で重要なのは早期発見であり、早期発見できれば早期対応が可能なのです。シロアリ対策は薬剤を撒くことが重要ではありません。定期的なシロアリ調査によって早期発見すること、シロアリ対策なのです。シロアリ調査の詳細につきましては、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい

|

« 壁内注入処理 | トップページ | ウッドデッキのシロアリ被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67031560

この記事へのトラックバック一覧です: シロアリ調査で見つかったこと:

« 壁内注入処理 | トップページ | ウッドデッキのシロアリ被害 »