« 浴室リフォーム | トップページ | 住宅医スクール2018東京 »

2018年10月 4日 (木)

外壁で徘徊するクロアリ

外壁で徘徊するハリブトシリアゲアリ 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。屋外基礎部分にアリが徘徊し、室内へ侵入しているとのことです。

早速現場で調査すると、外壁基礎部分に小型のアリの徘徊が確認されました。アリを採取し確認しましたが、現場では判明できなかったため、事務所に持ち帰り顕微鏡で確認しました。

その結果、確認されたアリはハリブトシリアゲアリでした。通常、アブラムシの甘露に集まっているのをよく見かけますが、昆虫の死骸などたんぱく質も餌となります。室内に侵入するのは、室内にハリブトシリアゲアリの餌となるものがあるためと考えられました。

餌となるものの管理を徹底すれば、直に侵入は収まるものと考えられましたが、問題はそれができるかどうかです。それができないようであれば、薬剤処理に頼らざるを得なく、費用も発生する旨を説明させて頂きました。最終的にはお施主さまの判断となりますが、将来的にもきちんと管理して頂くことが本質ですが、整理整頓できないので難しいかもしれませんね。

|

« 浴室リフォーム | トップページ | 住宅医スクール2018東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67234910

この記事へのトラックバック一覧です: 外壁で徘徊するクロアリ:

« 浴室リフォーム | トップページ | 住宅医スクール2018東京 »