« ウェブサイト更新 | トップページ | 浴室リフォーム »

2018年10月 2日 (火)

腐朽だけかと思いきや

雨漏れに伴い壁内腐朽 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件で、雨漏れ跡が確認されたため、その壁を剥がしたところ腐朽が確認されたことから、シロアリの不安があるためシロアリ調査でお伺いさせて頂きました。

床下側からの点検調査では、現時点でシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。但し、床下土壌表面には群飛孔が確認されました。家屋内への侵入は確認されていないものの、地中にはシロアリのコロニーがあると考えられました。

リフォームを伴わないシロアリ対策であれば、定期的な点検調査で十分対応可能と考えられました。しかし、リフォームは家屋の環境を変えるため、シロアリの動きも変わりやすくなりますので、特に注意が必要です。またこの物件ではシロアリよりもクロゴキブリの生息数が多く、副次的効果を期待したシロアリ対策が有効かもしれません。いずれにしても、お施主さまとハウスビルダーさんに、結論を委ねたいと思います。

なお、この台風や大雨で雨漏れしている物件が多いようですが、雨漏れを放置するとこのように壁内腐朽が発生します。またシロアリの侵入の要因の一つとなりますので、できるだけ早く補修されることをお薦めします。

シロアリ対策は、シロアリ調査結果から最善の対策を立案することが重要です。シロアリ調査及びシロアリ対策のお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« ウェブサイト更新 | トップページ | 浴室リフォーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67228216

この記事へのトラックバック一覧です: 腐朽だけかと思いきや:

« ウェブサイト更新 | トップページ | 浴室リフォーム »