« ウェブサイト更新 | トップページ | 薬剤処理が不必要な床下 »

2018年11月 2日 (金)

非破壊シロアリ探知機セミナー聴講

非破壊シロアリ探知機セミナー聴講 一昨日はいつもお世話になっている、防虫コンサルティング商社環境機器さんのセミナーを聴講しました。今回の目的は新しい非破壊シロアリ探知機の紹介があったため、聴講しました。

基本的な原理は、現在使用中の非破壊シロアリ探知機ターマトラックと同じです。ただ、探知部分が3箇所となっており、ターマトラックに比べて調査する範囲が大きくなっています。インジケーターは探知機本体から分離され、スマートフォンやタブレット端末のアプリで稼働します。アプリで動きますので、報告書作成までできる点が特徴とのことです。

ちなみに当社ではデモ機で当社が飼育中のシロアリを用いて、探知の状態などシロアリ調査に使えるかどうか試験を行っています。先日は実際の現場へ持参し、使用して使用感について評価を行っています。

非破壊シロアリ探知機は、うまく使えばシロアリ点検調査の場面で活用できます。但し、これら非破壊シロアリ探知機があればシロアリ調査ができるという訳ではなく、シロアリ調査を行う際の補助する機器です。シロアリを見つけるのは技術者の資質で、知識と経験が重要です。シロアリの生態を知らない方が使用しても、シロアリを見つけることはできません。シロアリ防除業者のうち、シロアリの知識と経験を本当に有しているのは僅かです。残念ながら殆どのシロアリ防除業者は、薬撒き屋でしかありません。

以前、この非破壊シロアリ探知機についてマニュアル化できないかという相談を頂いたことがあります。これは典型的な素人発想であり、シロアリの動きに法則性はあっても法則はありません。建物の構造も千差万別ですので、マニュアル化できるという発想自体が素人発想なのです。これはシロアリ駆除も同じで、シロアリ駆除マニュアル云々という時点で、シロアリを理解していない証拠ですので、ご注意下さい。

今回の非破壊シロアリ探知機は、アプリの問題や通信の問題が改善されれば、現行品よりも使い易い機器となるでしょう。但し、本当にシロアリ技術者が対象ですが。

|

« ウェブサイト更新 | トップページ | 薬剤処理が不必要な床下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67335591

この記事へのトラックバック一覧です: 非破壊シロアリ探知機セミナー聴講:

« ウェブサイト更新 | トップページ | 薬剤処理が不必要な床下 »