« 非破壊シロアリ探知機セミナー聴講 | トップページ | 屋外に形成された蟻道 »

2018年11月 3日 (土)

薬剤処理が不必要な床下

薬剤処理が不必要な床下 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんから相談を頂き、大阪府内の物件に同行しました。

建築したハウスメーカーさんからしつこくシロアリ予防処理を勧められているお施主さまから、いつもお世話になっているハウスビルダーさんに必要性を相談されたとのこと。そこで当社にシロアリ調査の依頼を頂き、最適なシロアリ対策を策定するためお伺いしました。

床下側からの点検調査では、シロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。床下の構造はベタ基礎であり、シロアリが侵入可能な箇所は限定的です。点検調査ではこれら箇所について入念に確認しましたが、問題ありませんでした。シロアリ調査の結果から、当該物件では薬剤処理によるシロアリ予防処理は不要と判断しました。

シロアリ侵入リスクが極めて低いのに、薬剤処理を行うのは過剰で高額なシロアリ対策です。耐費用効果面から見てもコストパフォーマンスは低いため、当社として定期的な点検調査をお薦めさせて頂きました。お施主さまも当社の考え方にご賛同頂き、今後は定期的な点検調査を行うこととなりました。

シロアリ対策は、薬剤処理によるシロアリ予防処理が絶対ではありません。ハウスメーカーは保証という言葉を全面に出し、必要性の極めて低いシロアリ予防処理で財布の紐を緩めるのです。シロアリ予防処理にかける費用があるのであれば、もっと他の箇所へ費用をかけるべきと当社では考えます。当社ではお住まいの方の立場からシロアリ対策を考えます。シロアリ対策のお問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせください。

|

« 非破壊シロアリ探知機セミナー聴講 | トップページ | 屋外に形成された蟻道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67338698

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤処理が不必要な床下:

« 非破壊シロアリ探知機セミナー聴講 | トップページ | 屋外に形成された蟻道 »