« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 天井付近で確認された虫 »

2018年11月 8日 (木)

床下は物置ではありません

床下に放置された木材 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした物件で撮影した床下に放置された木材です。これは古民家でよく見られる傾向で、床下を物置と考えられる方が多いようです。しかし、これはシロアリを呼び込む要因となります。

シロアリは地中に生息する昆虫で、枯死した木材を餌としています。自然界では、倒木や枯死した木の根などを餌として生息しています。

容易に餌を採取するためには、生息場所である地中から直接枯死した木材へ侵入できることが最も効率的です。そのため、倒木や枯死した木の根はシロアリにとって好都合です。

そのため、木材と地面が直に接している状態であれば、シロアリが侵入可能です。家屋周辺の庭木の支柱や生垣などにシロアリ被害が見られるのはこれら理由によるものです。ですので、床下に木材を放置すればシロアリが侵入するのも、当然と言えるのです。決して、床下を物置にしないようご注意頂きますようお願いいたします。

|

« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 天井付近で確認された虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67358958

この記事へのトラックバック一覧です: 床下は物置ではありません:

« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 天井付近で確認された虫 »