« 被害部薬剤処理 | トップページ | 蟻道から流出したシロアリ »

2019年1月12日 (土)

虫体採取

虫体採取 昨日はいつもお世話になっている住宅管理会社さんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。昨年末に虫体死骸を送付いただき、シバンムシアリガタバチであることが判明しています。

シバンムシアリガタバチは人を刺し、刺されるとアレルギー反応により、腫れと痛みを生じるため防除対象となる家屋害虫です。シバンムシアリガタバチは、シバンムシ類の幼虫に寄生しますので、その宿主から対策が必要です。今回はその宿主の種類の特定と、生息場所の特定のためお伺いした次第です。

サンプリングには捕集フィルターを取り付けた掃除機で、吸引捕集を行いました。虫体の採取は困難かもしれませんが、触覚など一部でも採取できれば種別が判定可能です。種類が特定できれば、対策が可能となります。害虫だから薬剤を撒くというのではなく、対象害虫の種類と生息場所を特定した上で対処するのが、プロの仕事だと私は思います。

|

« 被害部薬剤処理 | トップページ | 蟻道から流出したシロアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/67580323

この記事へのトラックバック一覧です: 虫体採取:

« 被害部薬剤処理 | トップページ | 蟻道から流出したシロアリ »