« ウェブサイト更新 | トップページ | ホウ酸製剤処理 »

2019年2月 2日 (土)

樹木から

樹木側から侵入したシロアリが屋根に被害を与えています 右の写真は、先日からシロアリ調査やシロアリ駆除でご紹介している物件で撮影した1枚です。シロアリ被害が確認されている離れの屋根と、庭の樹木が接している垂木や野地板などでシロアリ被害が確認されています。

この被害は当初、建築士の先生や大工さんはシロアリの被害でないと思われたそうです。庭木の表面をつたった雨水が屋根にあたり、腐朽したものと考えられたそうです。しかしの腐朽部分をよく見ると、蟻土や蟻被が確認されています。

この庭木を調査した結果、樹皮の隙間に多数の蟻道が確認されました。シロアリは庭木の樹皮の隙間に蟻道を構築して、この屋根の部分に到達して食害していたのです。

シロアリは光や乾燥を嫌うとされていますが、それはシロアリ単体についてです。シロアリ単体は乾燥に弱いのですが、シロアリは集団で活動していますので環境に対応します。乾燥した場所では、蟻道を構築することで自分達の活動場所には湿気を蓄えます。蟻道を構築する際は乾燥しているので、蟻道をつくることができないのではと考えるのは浅はかです。シロアリは集団で活動していますので、乾燥する前に湿気のある場所に戻り、乾燥に対応しながら蟻道を構築します。そして蟻道を構築してしまえば、乾燥など恐れるに足らずです。乾燥はシロアリ対策にならないことを、ご承知おきいただければ結構です。

|

« ウェブサイト更新 | トップページ | ホウ酸製剤処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹木から:

« ウェブサイト更新 | トップページ | ホウ酸製剤処理 »