« ホウ酸製剤処理 | トップページ | 侵入想定箇所 »

2019年2月 4日 (月)

再構築はありません

再構築されていない蟻道 昨日は、約7年前にシロアリ対策を実施した京都府内の物件にシロアリ対策でお伺いしました。この物件は7年前に設計事務所さんによってリフォームが計画され、実施されました。解体時にシロアリ被害が確認されたことから、シロアリ調査の依頼をいただき実施しました。

シロアリ被害は建物全体、広範囲に確認されたことから、シロアリ駆除処理と侵入防止処理を実施しました。処理から7年が経過し、最近になってゴキブリを見かけるようになったとのことから、シロアリ対策の依頼を頂いた次第です。

作業前に現状確認のためシロアリ調査を実施したところ、新たなシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。7年前のシロアリ駆除処理で、きちんとコロニーの駆除ができたものと判断されました。ただし、お施主さまのご希望通りシロアリ侵入防止処理を行いました。ゴキブリの生態を考慮した処理内容ですので、効果は期待できるものですがあくまで副次的な効果を期待したものですので、ゴキブリに対して明確に効果が謳えない旨をお施主さまへ説明させていただきました。

当社ではお施主さまの要望をお聞きしながら、安全なシロアリ対策、害虫対策を提案します。詳細は弊社ウェブサイトをご参照ください。

|

« ホウ酸製剤処理 | トップページ | 侵入想定箇所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再構築はありません:

« ホウ酸製剤処理 | トップページ | 侵入想定箇所 »