« 若齢幼虫は活動していますが | トップページ | 近づく確定申告 »

2019年2月10日 (日)

被害が確認されました

撤去によって確認されたシロアリ被害 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内でリフォームされている物件にシロアリ調査でお伺いしました。リフォームのため既存部分の一部を壊したところ、シロアリ被害が確認されたとのことです。

写真がそのシロアリ被害部位で、以前増築された箇所について、今回リフォームするため壊したそうです。すると元々あった土台部分にシロアリ被害が確認されたとのことです。現場の大工さんは気付かなかったそうですが、いつもシロアリ調査でよく同行する現場監督さんはシロアリ被害に気付かれました。

この土台は玄関の横壁の土台ですが、大壁構造なので土台を見ることはありません。玄関の横壁はプラスターボードなので、被害が表面化しなかったようです。シロアリは、玄関のコンクリート接合部分から当該土台に到達、被害を与えていたようです。

ちなみにその他の箇所についてシロアリ調査を実施しましたが、シロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。当該シロアリ対策について部分的なシロアリ対策と建物全体のシロアリ対策のメリット、デメリットを説明させていただきました。その上でどちらか選択するかを、お施主さまとハウスビルダーさんに委ねました。

シロアリ被害を見逃してリフォームした場合、裁判でリフォーム側の責任を問われる判決が出ています。だからといって薬剤の大量散布をお薦めする訳ではありません。建物の構造とシロアリの生態を考慮し、対処すれば問題ありません。きちんとお施主さまにコンセンサスを取ることが重要で、一方的に大量散布を押し付けるべきではありません。

|

« 若齢幼虫は活動していますが | トップページ | 近づく確定申告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被害が確認されました:

« 若齢幼虫は活動していますが | トップページ | 近づく確定申告 »