« テラスに大量の羽が落ちている | トップページ | 飲食店舗で発生した羽アリ »

2019年5月20日 (月)

2階洋室で確認された羽アリ

2階洋室で確認された羽アリ 右の写真はいつもお世話になっている設計事務所さんからの依頼で、シロアリ調査にお伺いした物件で撮影した1枚です。お施主さまが捕獲いただいた羽アリの写真で、この羽アリはヤマトシロアリによるものです。

この物件で羽アリの発生は、2階の洋室で確認されたとのことです。ちなみに1階では羽アリの発生は確認されていないとのことです。ちなみに羽アリの発生が確認された2階壁面では、カビの発生が確認されています。2階壁面を非破壊シロアリ探知機を用いて点検調査をおこないましたが、シロアリの活動を探知することはできませんでした。ファイバースコープを用いて壁内を確認したところ、わずかに蟻道らしきものが確認されましたが、活動は確認されませんでした。

2階天井裏は収納スペースで目視調査を行いましたが、雨漏れやシロアリ被害は確認されませんでした。当初2階壁面のカビは雨漏れの要因を考えていましたが、結露なども視野に入れる必要があると考えました。羽アリの発生した洋室に当たる部分は増築された和室となっており、床下点検口がありません。十分な点検調査ができないことから、1階に天井点検口及び床下点検口を新設していただくようお願いしました。

シロアリ対策は、シロアリ調査によりシロアリの侵入経路と生息範囲を特定した上で構築する必要があります。そうすることで、必要最小限の薬剤量でシロアリ駆除は可能となります。薬剤の大量散布では侵入経路や生息範囲の特定は必要なく、兎に角薬剤を撒くことが重要です。これでは費用の無駄使いであり、安全性にも配慮されていないため、当社では薬剤の大量散布はお薦めしていません。

|

« テラスに大量の羽が落ちている | トップページ | 飲食店舗で発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テラスに大量の羽が落ちている | トップページ | 飲食店舗で発生した羽アリ »