« 店舗内で確認された羽アリ | トップページ | 室内で舞い飛んだ羽アリ »

2019年5月 9日 (木)

ホウ酸製剤でのシロアリ駆除は知識と技術が必要

ホウ酸処理しても蟻道内ではシロアリが活動しています 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、京都府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。連休中にトイレ外側の壁面の隙間から羽アリが発生したとのことから、シロアリ調査でお伺いしました。

早速状況をお施主さまからお伺いすると、数年前にトイレに近い玄関側から羽アリが発生し、シロアリ駆除処理を実施しているとのことです。床下側からの点検調査ですが、トイレに隣接する収納スペースに床下点検口が設置されていました。これは前回の羽アリ発生時に、新設して貰ったとのことです。その結果ですが、浴室床面にかけて基礎面に蟻道の構築が確認されました。ちなみに右の写真は前回羽アリが発生した側の土台面で、土台交差部には穿孔注入処理跡が確認されています。但しこの蟻道の根元の一部を壊して確認すると、活動中にヤマトシロアリが確認されました。

前回のシロアリ駆除に使用された薬剤は、ホウ酸製剤とのことです。ホウ酸はシロアリの口腔から取り込まれることで効果を示しますが、シロアリ駆除処理には不適です。ホウ酸製剤でもシロアリ駆除は可能ですが、駆除するためには知識と技術が必要です。単純に穿孔して注入すれば、効くというものではありません。ホウ酸製剤の特性を考慮すれば、シロアリの侵入し難い構造で新築予防処理が向いています。シロアリ駆除処理は勿論、床下がコンクリートでない物件ではあまりお薦めできるものではありません。ホウ酸の特性を理解して使用しないと、シロアリに対して十分な効果が得られないので注意が必要です。

薬剤には必ず一長一短があり、長所を生かしながら短所をカバーする使い方をする必要があります。薬剤を限定した考え方は、シロアリの生態や行動を無視した考え方です。当社では薬剤を限定した考え方ではなく、現場に応じた薬剤の選択、施工方法によりシロアリ対策を立案します。詳細はこのブログに左サイドにある注目リンク、阪神ターマイトラボのホームページをご参考ください。

|

« 店舗内で確認された羽アリ | トップページ | 室内で舞い飛んだ羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 店舗内で確認された羽アリ | トップページ | 室内で舞い飛んだ羽アリ »