« トイレタイル下薬剤処理 | トップページ | 勝手口屋外側で確認された羽アリ »

2019年5月 6日 (月)

天井から落ちる木屑

Anobiidae10 昨日は、数年前にシロアリ駆除処理でお世話になったお施主さまからご連絡をいただき、お伺いしましら。2階天井から木屑らしきものが落ちてくるとのことから、調査のためお伺いした次第です。

早速現場での調査を実施、確認された木屑が右の写真です。携帯型顕微鏡で調査した結果、細粉の塊でした。木粉の確認された上部、天井付近の調査を行いました。天井は小屋裏のない、野地板や垂木が見える構造です。脚立を用いて更に詳細に調査した結果、垂木に直径1〜2mm程度の穴が2箇所確認されました。

木に小径の孔が確認される場合、木材害虫として有名なヒラタキクイムシ類が挙げられますが、今回垂木に使用されている樹種は針葉樹の杉ですので、ヒラタキクイムシではありません。家屋害虫のヒラタキクイムシ類は、広葉樹系材料に対して被害を与えますので、今回の垂木の発生種とは異なります。考えられる種としては、同じく木材害虫として知られるシバンムシ類や虫孔内の菌類を餌とするアンブロシアビートルなどが挙げられます。お施主さまには、室内で小さな甲虫の死骸を見つけた場合には必ず保管していただくようお願いしました。

お施主さまは以前の経験からシロアリに対策不安があったようですが、シロアリでなくとりあえず一安心されたようです。それでもこうした小さな変化を放置せず相談いただくことが必須で、必ず調査して発生種と被害状況を把握することが重要です。発生種と被害状況がわかれば、対処方法も立案できます。ちなみに発生種がわからないうちに、費用が幾らかかるかわかりませんのでご注意ください。

|

« トイレタイル下薬剤処理 | トップページ | 勝手口屋外側で確認された羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレタイル下薬剤処理 | トップページ | 勝手口屋外側で確認された羽アリ »