« 天井から落ちる木屑 | トップページ | 店舗内で確認された羽アリ »

2019年5月 7日 (火)

勝手口屋外側で確認された羽アリ

屋外倉庫枠木のシロアリ被害 昨日は、以前シロアリ対策でお世話になったお施主さまからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。勝手口屋外側で羽アリが確認されると共に、室内でも確認されたとのことからシロアリ調査でお伺いしました。

ちなみにこの物件では4年前に玄関側で羽アリが発生し、部分的な駆除処理を行っています。今回の羽アリ発生箇所は玄関側とは全くの反対側の勝手口の屋外です。早速屋外側の点検調査を行った結果、屋外の倉庫の枠木にシロアリ被害が確認されました。室内側ですが、目視調査では特に問題はありません。

この物件はいつもお世話になっている建築士の先生がリフォームを行った物件で、布基礎に断熱を施し、配筋後に土間コンクリートを流し込んだ構造で、床下は殆どありません。そのため、床下側からの点検調査はできません。

屋外被害部については、建物に隣接していることから駆除処理を実施する予定です。同時に室内側の点検調査として、非破壊シロアリ探知機を用いて改めて点検調査する予定です。建築士の先生も、小員と出会ってから構造的シロアリ対策を考えるようになったが、以前は居住性を優先しシロアリ対策を全く考えていなかったとのことです。いまではシロアリ対策にとって構造は非常に重要であることを理解いただいており、よく構造でご相談いただくようになっています。シロアリ対策といえば薬剤処理と考えがちですが、構造はシロアリ対策にとって非常に重要です。家づくりに携われる方は、是非構造からみたシロアリ対策について勉強いただけましたら幸いです。

|

« 天井から落ちる木屑 | トップページ | 店舗内で確認された羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天井から落ちる木屑 | トップページ | 店舗内で確認された羽アリ »