« 勝手口屋外側で確認された羽アリ | トップページ | ホウ酸製剤でのシロアリ駆除は知識と技術が必要 »

2019年5月 8日 (水)

店舗内で確認された羽アリ

店舗内で確認されたシロアリ落翅 昨日は、以前シロアリ対策でお世話になった大阪府内の店舗にお伺いしました。前回は玄関入口側で羽アリが発生し、非破壊シロアリ探知機による調査で生息場所を特定し、部分シロアリ駆除処理を行っています。今回は前回とは異なる場所で発生したとのことから、シロアリ調査のためお伺いした次第です。

早速現場にて調査を行いましたが、シロアリ被害は全くありません。羽アリの落翅は、玄関入口と反対側にある住居側玄関で確認されました。羽アリの出口となる隙間は確認されましたが、群飛孔のようは発達はしていません。ちなみにその隙間は床下につながる箇所ですが、当該物件は鉄骨構造で基礎はベタ基礎、換気構造はねこ土台です。

羽アリが確認された時間も正午前後ではなくやや遅い時間であることを考慮すると、床下にある隙間やクラックなどから発生した可能性が考えられました。但し、床下点検口がないため確認することができません。改めて床下点検口を新設した上で、侵入経路を調査する予定です。

シロアリ職蟻は木材被害部から動きを追うことができますが、羽アリは被害部から発生するとは限らず、地中側から発生することもあります。それだけにシロアリ調査が重要で、その調査結果から最適なシロアリ対策を構築する必要があるのです。

|

« 勝手口屋外側で確認された羽アリ | トップページ | ホウ酸製剤でのシロアリ駆除は知識と技術が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手口屋外側で確認された羽アリ | トップページ | ホウ酸製剤でのシロアリ駆除は知識と技術が必要 »