« 和室に大量の羽が落ちている | トップページ | 工場事務所で発生した羽アリ »

2019年5月13日 (月)

土間床構造でのシロアリ駆除処理

土間床構造でのシロアリ駆除処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の店舗にお伺いしました。先月末に羽アリが発生しシロアリ調査を実施した物件での、シロアリ駆除処理です。休日での施工希望から、この日の処理となりました。

この物件の問題点は、床下空間のない土間床(逆ベタ基礎)構造です。シロアリの羽アリは床面と壁面の隙間から発生した模様です。非破壊シロアリ探知機を用いた調査では、柱などの木部に生息は確認されませんでした。目に見えない隙間から羽アリは発生したものと考えられましたが、集団の生息は地中と判断しました。

このようなケースでのシロアリ駆除は結構厄介で、隙間から地中の集団へと上手く薬剤を送り込まなければなりません。とりあえず隙間からゆっくり薬剤を流し込む処理を行いました。

建物内に被害が確認されないのに、羽アリだけが発生するケースはあります。このようなケースで、無駄に薬剤を処理するのは費用の無駄使いです。建物に被害がないのですから、シロアリと対話しながら処理すべきだと小員は考えます。

|

« 和室に大量の羽が落ちている | トップページ | 工場事務所で発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和室に大量の羽が落ちている | トップページ | 工場事務所で発生した羽アリ »