« パッシブソーラーシステム構造で発生した羽アリ | トップページ | トイレタイル下薬剤処理 »

2019年5月 4日 (土)

2階窓枠付近から発生した羽アリ

2階窓枠付近から発生した羽アリ 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした兵庫県内の物件で撮影した1枚です。この物件では、2階ベランダの掃き出し窓付近から羽アリが発生したとのことで、その発生した羽アリが右の写真です。

ちなみにこの物件では数年前にも羽アリが発生し、シロアリ調査後に駆除処理の対策を提案、シロアリ駆除処理を行っています。ちなみに前回非破壊シロアリ探知機による調査で生息が確認された箇所は、今回の発生箇所と大きく離れた勝手口周辺です。ベタ基礎構造であり床下側からの侵入が確認されなかったことから、シロアリ予防処理は実施していません。

今回の発生箇所は2階掃き出し窓付近で、屋外からの調査でもベランダの根本にあったクモの巣に大量の羽アリがかかっていました。これらの調査結果を踏まえて、シロアリ対策を立案・提案したいと思います。

このようなケースで、床下側から薬剤大量散布しても全く効果はありません。必要なのはシロアリ調査で、シロアリがどこに生息しているかを調べて最適なシロアリ対策を立案することです。当社では、仕様書に頼らずシロアリの生息場所からより具体的なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査及びシロアリ駆除は、このブログ左側の注目リンクにある阪神ターマイトラボのホームページからお問い合わせください。

|

« パッシブソーラーシステム構造で発生した羽アリ | トップページ | トイレタイル下薬剤処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パッシブソーラーシステム構造で発生した羽アリ | トップページ | トイレタイル下薬剤処理 »