« 間もなく羽アリが飛び立ちます | トップページ | 土間床構造でのシロアリ駆除処理 »

2019年5月12日 (日)

和室に大量の羽が落ちている

和室に大量の羽と死骸 昨日は以前シロアリ点検調査でお世話になった方からのご紹介で、兵庫県内の物件にお伺いしました。午前中外出後帰宅すると、和室に大量の羽アリと羽、死骸が落ちているとのことから、点検調査のためお伺いしました。

阪神間で4月下旬から5月上旬にかけて発生する羽アリは、ほぼ間違いなくヤマトシロアリの羽アリです。実際に死骸を確認したところ、ヤマトシロアリの羽アリでした。ヤマトシロアリの羽アリは、概ね正午前後に発生します。今回のケースでは、お施主さまが午後の早い時間に帰宅されたため、生きた羽アリが確認されました。羽アリは発生後数時間が経過すると、翅を落とします。1匹で4枚の翅を落としますので、大量の翅が室内に残された状態となります。よく室内で大量の羽が落ちているという現象がこれに当たります。

床下側の点検調査を行うべく畳を上げてみたところ、床下点検口はありませんでした。他の部屋にも床下点検口はありませんでしたので、改めて床下点検口を新設した上でシロアリ調査を実施し、侵入経路と生息範囲を特定し、シロアリ対策を考える予定です。

羽アリの発生はシロアリ生息のサインであり、適切な対策を取ることが重要です。羽アリが出なくなったから、殺虫スプレーを噴霧したからといって、シロアリの集団(コロニー)を駆除した訳ではありません。シロアリ技術者にシロアリ調査をして貰い、適切なシロアリ対策を施すことが重要です。但しシロアリ防除業者の中で、本当のシロアリ技術者は僅かですのでご注意ください。

|

« 間もなく羽アリが飛び立ちます | トップページ | 土間床構造でのシロアリ駆除処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間もなく羽アリが飛び立ちます | トップページ | 土間床構造でのシロアリ駆除処理 »