« 2階浴室入口に生息したシロアリ | トップページ | コンクリートクラックから発生した羽アリ »

2019年6月 7日 (金)

リフォーム時に相談いただいていれば

シロアリ駆除が困難な床下 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。大型連休中に羽アリが発生し、シロアリ調査を実施しています。羽アリはリビングの壁面から発生しましたが、問題はこの物件の構造です。

この物件は町工場をリフォームしたため、羽アリの発生したリビングは作業場でコンクリートです。室内空間を確保するため、高さの低いプラ束を立て、断熱材を敷き込んだ上に構造用合板、その上からタイルを貼り付けた構造です。そのためハウスビルダーさんにお願いして、群飛孔に近いタイルを切り、床下点検口を新設していただきました。それが右の写真で、一部断熱材を撤去した様子です。

コンクリート表面には蟻道が広がり、構造用合板が食害されています。こうなると駆除は極めて困難です。薬剤注入処理を行うにしても、敷き詰められた断熱材が影響を与えます。そのため、今回は処理方法を工夫して行いました。一度の処理で駆除できない可能性があるため、定期的な点検調査と組み合わせることが必須と考えました。

このハウスビルダーさんとは、リフォーム時にはお付き合いがありませんでした。もしリフォーム時に相談をいただいていれば、色々な対策を立てれただけに残念でなりません。

|

« 2階浴室入口に生息したシロアリ | トップページ | コンクリートクラックから発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2階浴室入口に生息したシロアリ | トップページ | コンクリートクラックから発生した羽アリ »