« 樹脂製敷居レールに確認された虫孔 | トップページ | 群飛したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »

2019年6月10日 (月)

犬走りから発生した羽アリ

羽アリは床下からの発生ではありません 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からのご紹介で、兵庫県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。この物件では、基礎外側にある犬走り周辺でヤマトシロアリの羽アリが発生したとのことから、シロアリ調査の依頼をいただいた次第です。

早速現場でお施主さまからの聞き取り調査を行うと、羽アリは犬走り周辺で確認され、中には翅を落とした羽アリが連結状態で徘徊していたとのことでした。問題はこの物件の構造で、ベタ基礎構造ですが、床下がかなり掘り込んである状態で外部からの雨水の浸入があるとのことです。その上、基礎にはクラックがありそれらからも水漏れしていたようで、クラック防水処理が施されていました。お施主さまはこの水漏れの影響から、羽アリが発生したのではないかと思い建築士の先生に相談されたそうです。

床下側からの点検調査でシロアリ被害、侵入及び生息は確認されず、非破壊シロアリ探知機による点検調査を実施した結果、シロアリの侵入等は確認されませんでした。羽アリは犬走りと道路の隙間から発生したのではないかと考えられました。推奨するシロアリ対策としては、高額な薬剤処理ではなく、早期発見を目的とした定期的な点検調査をお薦めしました。

ちなみに建築した工務店に羽アリの発生を伝えたところ、新築時に防腐防蟻処理した業者が来て薬剤処理を勧めていったと聞きました。シロアリが侵入し難い構造なのに、薬剤処理を勧めることは如何かと思うのは小員だけでしょうか。

|

« 樹脂製敷居レールに確認された虫孔 | トップページ | 群飛したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樹脂製敷居レールに確認された虫孔 | トップページ | 群飛したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »