« 羽アリの確認されていない床下ですが | トップページ | 2階浴室入口に生息したシロアリ »

2019年6月 5日 (水)

隣接する倉庫に

隣接する倉庫に立ち上げられた蟻道 昨日は、先日シロアリ調査を実施した大阪府内にあるリフォーム中の物件にお伺いしました。いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼です。先日のシロアリ調査を実施した際、室内側はシロアリ被害がなかったものの、屋外側には蟻道跡が広範囲に確認されました。それら結果を踏まえ、お施主さまとハウスビルダーさんの意向で、シロアリ対策を実施することとなりお伺いした次第です。

施工前に屋外側蟻道を確認すると蟻道の再生は確認されませんでしたが、隣接する倉庫で蟻道の構築が複数確認されました。右の写真はそのうちの1本の蟻道で、蟻道内ではシロアリの活動が確認されています。ちなみに、前回のシロアリ調査では、蟻道の構築が確認されていません。

屋外側蟻道跡基礎面とこの倉庫は、犬走りで繋がっています。犬走りの地中に生息していたシロアリは、当初建物屋外側に蟻道を構築し室内側へ侵入していました。リフォームの床組撤去作業でシロアリは一時的に地中へ逃亡しましたが、このルートで再侵入するのではなく反対側の建物である倉庫へ侵入したということです。

シロアリ対策としては、建物に対しては必要最小限の薬剤量での侵入防止処理を実施し、この倉庫にはシロアリ駆除処理を実施しました。ちなみに倉庫はそう長く使う予定ではないとのことから、侵入防止処理を実施していません。今回の事例ではシロアリの生息場所が特定できましたので、僅かな薬剤量でシロアリ駆除は可能です。薬剤を大量に使用してシロアリ対策を行うのは、高額な処理費用を貰うためのマニュアル処理と言っても過言ではありません。

|

« 羽アリの確認されていない床下ですが | トップページ | 2階浴室入口に生息したシロアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽アリの確認されていない床下ですが | トップページ | 2階浴室入口に生息したシロアリ »