« 広範囲に確認された被害 | トップページ | 以外と気付かないもの »

2019年7月24日 (水)

最適な設置場所

イエシロアリ被害箇所 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にイエシロアリ対策でお伺いしました。先日シロアリ調査を実施済みで、ブリングシステムで対応するため訪問させていただきました。

この物件は広大な敷地内で広範囲にシロアリ被害が広がっており、前回被害の確認された箇所からかなり離れた庭木のクスノキに複数の群飛孔も確認されています。ブリングボックスの設置には、活性が高そうな被害部を選択する必要があります。改めて活性の高い被害部を点検調査した結果、蔵の奥で活性の高い被害部が確認されました。

ブリングボックスは当該箇所にできるだけストレスを与えず、静かに設置しました。これから気温も更に上昇することから、順調に喫食してくれると考えます。次週には喫食状況の確認を行う予定ですが、生息範囲の広さからコロニーがかなり大きそうなので時間がかかるかもしれませんね。

|

« 広範囲に確認された被害 | トップページ | 以外と気付かないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広範囲に確認された被害 | トップページ | 以外と気付かないもの »