« 設置5日目 | トップページ | 生息の兆候 »

2019年7月30日 (火)

点検調査で確認された基礎面の濡れ

点検調査で確認された基礎面の濡れ 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんから、リフォーム中にシロアリ被害らしきものが確認されたのでシロアリ調査をお願いしたいとの依頼があり、大阪府内の物件にお伺いしました。

シロアリ被害らしきものが確認されたのは、玄関の壁面を剥がした際とのことから点検調査を行ったところ、シロアリ被害であることを確認しました。当該箇所はリフォーム中とのことから、部分的に薬剤処理を施しました。

念のため床下側からのシロアリ調査を行ったところ、土台や床束などの床組に大きな径の穿孔跡が確認されたことから、過去にシロアリ防除処理が行われたものと判断されました。そのため、新たなシロアリの侵入などは確認されませんでしたが、玄関壁面については未処理であったことから被害が広がったものと考えられました。

問題はシロアリだけではなく、写真の部位が問題となりました。写真の部位は便所の床下で、落ちかかっている断熱材や土壌表面の廃材も問題なのですが、外壁側の基礎面に濡れが確認されました。この濡れは雨漏れか水漏れかは判断できませんでしたが、ハウスビルダーさんに報告し対応していただくこととなりました。

シロアリ調査はシロアリ被害や蟻道などを探すだけではなく、床下の健康状態も確認するのが当社の床下点検調査です。他のシロアリ防除業者のシロアリ調査も同じ目的で調査されるとことんありますが、悪質なシロアリ防除業者では、薬剤を撒くための理由を探す無料調査もありますのでご注意ください。

|

« 設置5日目 | トップページ | 生息の兆候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 設置5日目 | トップページ | 生息の兆候 »