« 窓枠で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 室内で発生したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »

2019年7月15日 (月)

玄関枠のシロアリ被害

玄関枠のシロアリ被害 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした物件で撮影した玄関枠でのシロアリ被害です。いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件に点検調査と具体的な対策立案のためお伺いさせていただいた次第です。

ハウスビルダーさんからのご相談いただいた時点で、シロアリ駆除処理を先に実施するのか、被害部を撤去するのかを検討中とのことでした。送付いただいた写真を見る限り、被害が玄関枠でおおよその侵入経路も想定内であることから、シロアリ駆除処理を先行すべきと回答させていただきました。被害状況や周辺環境の調査した上で、より具体的なシロアリ駆除処理を提案するためお伺いさせていただきました。

設計図面も確認しながらシロアリの侵入経路と活動範囲を想定し、どこに薬剤処理をすべきか、どの薬剤を使用するかなど調査結果を元に策定させていただきました。ちなみにシロアリ駆除処理は玄関周辺のみの処理で問題なく、基礎構造はベタ基礎であることから床下側の点検調査をすれば、特に問題はありません。

玄関に被害があったからといって、床下全面に薬剤処理をするのはいかがなものでしょうか。過剰なシロアリ対策は高額な費用負担を強いる上に、お住まいの方の薬剤曝露リスクを向上させます。シロアリ侵入リスクの低い床下では、薬剤処理ではなく定期的な点検調査で十分対応が可能です。ちなみにこの物件は、パッシブソーラーシステム構造の住宅です。これら構造で床下に薬剤を撒くことは厳禁ですが、以前この構造で薬剤処理の見積を見せていただいたことがあります。JAの下請けで協会加盟の中堅シロアリ防除業者でした。売上教育よりも、もっとシロアリと家屋と薬剤について勉強して貰いたいものですね。

|

« 窓枠で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 室内で発生したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 窓枠で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 室内で発生したアメリカカンザイシロアリ羽アリ »