« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 被害箇所の傾向 »

2019年7月 5日 (金)

羽アリの問合せ

トビイロケアリの羽アリ 昨日も前日に引き続き、大阪府内の連棟物件にシロアリ駆除処理でお伺いしました。どの棟も被害が甚大で、一つ一つ丁寧に薬剤注入処理を実施しました。ブログの内容が完全に重複するため、今日は先日いつもお世話になっている建築士の先生からご相談をいただいてお伺いした、大阪府内の物件での事例を紹介したいと思います。

この物件では、今月の上旬に羽アリが発生したため調査のためお伺いしました。その際、まだ羽アリの徘徊が確認されたことから、撮影したのが右の写真です。この羽アリは、クロアリの仲間でトビイロケアリの羽アリです。

トビイロケアリはこの時期に羽アリが発生するため、よくお問い合わせをいただきます。クロアリの羽アリなので特に問題ないと考えるのは早合点で、発生した箇所によっては注意が必要です。クロアリというと土の中に巣をつくると考えるのが一般的ですが、トビイロケアリは朽木などに営巣する種類です。

家屋外で羽アリが発生した場合は、屋外にある朽木から発生したものと考えてよいでしょう。問題は家屋内から発生した場合で、浴室で発生した場合は壁内が腐朽しており、その腐朽部に営巣しています。室内から発生した場合は、雨漏れなどに伴った腐朽がないかどうか点検調査が必須です。腐朽部にはトビイロケアリ以外のクロアリが生息しているケースもありますが、クロアリの種類によってはシロアリと共生する場合もあるため注意が必要です。クロアリだからと安心せず、点検調査を行うことが重要です。点検調査を行った結果、環境改善が必要な事例も多くありますので、専門家に点検調査を依頼されることをお薦めします。

|

« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 被害箇所の傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被害部薬剤注入処理 | トップページ | 被害箇所の傾向 »