« 対策が必要な床下 | トップページ | 隙間まで徹底的に »

2019年7月 8日 (月)

甲虫同定

虫体はチャイロコキノコムシ 右の写真は、いつもお世話になっている住宅管理会社さんから送付いただいた虫体死骸です。

この虫体はチャイロコキノコムシという甲虫で、触角の先端3節が膨大しているため比較的同定し易い種類です。チャイロコキノコムシは、カビを餌としている昆虫です。住宅管理会社さんからの情報では、建物はマンションで雨漏れが確認されているとのことです。どうやら雨漏れに伴って、カビが発生しそのカビを餌としてチャイロコキノコムシが繁殖したものと考えられます。

入居者さまが虫が発生するとクレームがあったとのことですが、チャイロコキノコムシは正の走光性(光に集まる性質)があるため、飛び回り目につくことから大きなクレームになったものと考えられました。

チャイロコキノコムシは殺虫剤で対応可能ですが、カビの発生を抑制することも重要です。腐った木材などを撤去し、雨漏れの修理を行う際に最適な対策を施したいと思います。

|

« 対策が必要な床下 | トップページ | 隙間まで徹底的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対策が必要な床下 | トップページ | 隙間まで徹底的に »