« 外部からの侵入 | トップページ | 非破壊探知機による生息を確認 »

2019年7月 1日 (月)

2019年7月度ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボウェブサイトトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、天井付近で確認されたイエシロアリの被害の様子です。

イエシロアリと言えば南方系の印象ですが、近年では阪神間の沿岸部だけでなく、内陸部でも確認されています。六甲山系でもかなり中腹に近いところでも、イエシロアリの生息が確認されています。

阪神間のシロアリ防除業者の中には、ヤマトシロアリとイエシロアリの区別ができない業者もいるのは事実です。実際にあった事例では、イエシロアリと気付かずにヤマトシロアリ防除処理を行った結果、数年に渡って再発した挙句、理由をつけて逃げたケースもあります。

ヤマトシロアリは小集団で活動する種類ですので、高濃度薬剤を大量散布すると逃げてしまい再発することは殆どありません。それでも技術のないシロアリ防除業者にかかると、再発します。ヤマトシロアリ駆除の経験しかないシロアリ防除業者では、イエシロアリの生態を理解していないというのが、イエシロアリ駆除ができない最大の理由です。

イエシロアリ駆除で必要なのは、巣の位置、侵入経路、活動範囲などどれだけ調査しきれるかがポイントです。その上で薬剤処理を行うのであれば、どの薬剤を選択するか、どのような濃度で処理するかなど細かく設計するかがポイントです。巣の特定が困難な場合、ベイトシステムで対応するのか、対応する場合どのシステムを使うのかなど決める必要があります。

イエシロアリ駆除では現場経験が重要であり、どれだけ難防除物件を経験するかがポイントです。当社では、これまでの経験値とイエシロアリに対する知識を駆使してイエシロアリ対策を行います。イエシロアリ調査、イエシロアリ駆除及び対策のお問い合せは阪神ターマイトラボのホームページからお願いいたします。

|

« 外部からの侵入 | トップページ | 非破壊探知機による生息を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外部からの侵入 | トップページ | 非破壊探知機による生息を確認 »