« 生息が確認されません | トップページ | 広範囲な被害 »

2019年8月28日 (水)

部分リフォーム

部分リフォーム時のシロアリ対策 昨日はいつもお世話になっている設計事務所さんからの依頼で、リフォーム中の物件にシロアリ対策でお伺いしました。この物件では部分リフォーム中で、設計事務所さんはシロアリ被害がなかったことから、当初シロアリ対策を実施する予定はなかったそうです。解体途中でお施主さまが、過去にシロアリ被害が確認されシロアリ駆除予防処理を実施したとのこと。そのため、今回のリフォームに合わせて対策を施して欲しいとのことからお伺いした次第です。

施工前に現場の点検調査を行いました。現時点でシロアリ被害跡や侵入跡などは確認されませんでした。点検調査の結果から、土間コンクリート打設前に薬剤処理するのが得策と判断し処理を行いました。

土間コンクリートを打設すると、シロアリは侵入しないと考えておられるハウスビルダーさんや設計士さんが多くおられるようです。しかし実際は逆で土間コンクリートを打設することで、土間コンクリート下の土壌では含水率が上昇し、シロアリを呼び込む原因となります。そこでクラック等があれば容易に侵入します。きちんと対策を施す必要がありますが、無駄に薬剤を撒く必要はないことをご理解いただきますようお願いいたします。

|

« 生息が確認されません | トップページ | 広範囲な被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生息が確認されません | トップページ | 広範囲な被害 »