« 住宅医セミナー講演予定 | トップページ | 洗濯機を移動させた際に気付いた被害 »

2019年8月 3日 (土)

侵入を阻む根搦みの向こうに

侵入を阻む根搦みの向こうで確認された蟻道 昨日はシロアリ調査のため、いつもお世話になっているハウスビルダーさんと兵庫県内の物件に同行しました。この物件では昨年の台風以降の雨漏れが確認されたとのことからその調査に併せ、床下の点検調査を実施することとなりました。

床下の構造ですが、布基礎に土間コンクリートを打設した構造となっています。お施主さまからの聞き取り調査では、10年程前にシロアリ予防処理を実施しているとのことでした。床下側からの点検調査結果ですが、右の写真のとおり基礎面に蟻道の構築が確認されました。

問題はこの蟻道の位置で、根搦みが邪魔をして蟻道のある基礎面にまで到達することができません。以前シロアリ予防処理を実施したシロアリ防除業者は、薬剤を飛ばして処理を行ったものと考えられました。根搦みを切って侵入経路を確保した上で再度調整することを怠ったものと考えられます。

幸いにもシロアリ侵入の形跡は、この1箇所だけだったことを考慮するとタイミングよく早期発見できたものと考えられました。きちんと駆除処理すれば、問題は全くありません。それよりも問題なのは、土間コンクリートにもかかわらず床下には炭の入った不織布マットが敷き詰められていたことです。土間コンクリートなので湿気など考慮する必要はありませんが、このシロアリ防除業者は自社の利益優先で高額なマットを敷き詰めたのでしょう。老舗の業者で協会の重要ポストを担っている会社ですが、やっていることは悪質業者と何ら変わりはありません。

|

« 住宅医セミナー講演予定 | トップページ | 洗濯機を移動させた際に気付いた被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅医セミナー講演予定 | トップページ | 洗濯機を移動させた際に気付いた被害 »