« 壁面に堆積する木粉 | トップページ | 新築防腐防蟻処理3回目 »

2019年8月16日 (金)

クロアリ同定

壁の隙間から出入りしていたのはルリアリでした 昨日は台風接近のため、シロアリ調査を予定していた物件が延期となりました。そのため今日は、先日実施したクロアリ同定についてご紹介したいと思います。

お問い合わせはシロアリ調査でお世話になったお施主さまからで、2階天井付近にある壁の隙間からクロアリが出入りしているとのことです。お施主さまは市販のアリ用毒餌剤(アリの巣コロリ)を置いたものの、全く見向きをしなかったとのことです。室内でクロアリが発生した場合、まず種類が何であるかを調べることが重要ですが、よほど昆虫に詳しくない限り素人がクロアリの種類を特定することは困難です。必ず専門家に見てもらうことが重要ですが、害虫駆除業者やシロアリ防除業者は必ず専門家という訳ではありませんのでご注意ください。

クロアリの種類が特定できれば、その生態から外部侵入しているのか、壁内で営巣する可能性があるのかを考慮する必要があります。その上で生息範囲や侵入経路を調査し、具体的な対策を立案する必要があります。最もしてはいけないこととして、クロアリの徘徊している範囲に市販の殺虫スプレーを噴霧することです。かえって生息範囲を広げてしまい、対策が困難となることが理由です。

今回確認されたクロアリは、室内徘徊種としてよく知られるルリアリでした。ルリアリは壁内に営巣する可能性もあることから、きちんと調査した上で対策を立案する必要があります。近日中に、現地での点検調査を実施したいと思います。

|

« 壁面に堆積する木粉 | トップページ | 新築防腐防蟻処理3回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁面に堆積する木粉 | トップページ | 新築防腐防蟻処理3回目 »