« 土台の腐朽に伴い | トップページ | 住宅医スクール2019大阪 »

2019年9月 1日 (日)

2019年9月度ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボウェブサイト1909トップページ画像今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、シロアリ駆除処理でお伺いした物件で、お施主さまから追加で駆除処理の依頼をいただいた離れで撮影した1枚です。玄関土間のコーナー部分で、シロアリが構築した蟻道が確認されています。

この蟻道は玄関土間の僅かな隙間から立ち上がり、木部に到達しています。床下側から点検調査を実施した結果、基礎はコンクリートブロックで造られており、蟻道は確認されていません。このようなケースでは、コンクリートブロックの接合部にある隙間から侵入しています。シロアリの侵入経路は単純ではなく、複雑であることを理解しシロアリ駆除に対応する必要があります。

今回のケースでは、床下側からの点検調査を行った結果、他にシロアリ被害、侵入及び生息は確認されていません。そうなると必要なのは、適切なシロアリ駆除処理です。シロアリ駆除処理とは薬剤を撒くことではありません。シロアリの侵入経路などから巣の位置を考慮し、コロニーを意識した処理が必要です。そのためには、使用する薬剤、処理濃度や処理量、処理方法を最適化し、コロニーの駆除を行うことが重要です。コロニーの駆除ができればほぼシロアリが今後侵入する必要はないので、無駄な予防処理は必要ありません。

大量の薬剤処理でしか対応できないというのは、シロアリ駆除技術がないため大量散布に頼っているのか、大量散布によって高額な費用を請求したいかのどちらかです。お住まいの方を優先に考えるのではなく、業者を一番の考えているとしか思えません。

当社では、このお住まいに小員が住んでいたらどのようなシロアリ対策を行うかを考え、住まい手の立場に立ったシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのホームページからお問い合わせいただきますようお願いいたします。

|

« 土台の腐朽に伴い | トップページ | 住宅医スクール2019大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土台の腐朽に伴い | トップページ | 住宅医スクール2019大阪 »