« 壁内から這い出るクロアリ | トップページ | 灯火に群がる羽アリ »

2019年9月11日 (水)

イエシロアリ駆除完了

兵蟻頭部のみ残されたベイトボックス 昨日はイエシロアリ対策で、大阪府内の物件にお伺いしました。この物件ではイエシロアリの羽アリが発生するとともに、点検調査で被害の確認されたことから、ブリングシステムを用いて駆除処理を行っています。

前回の点検調査時でボックス内で兵蟻の徘徊は確認されているものの、職蟻が確認されていない状態でした。設置からほぼ2箇月経過し、ボックス内には兵蟻の姿もなく、死骸頭部のみ残された状態となりました。室内で確認された被害部についてくまなく点検調査を行いましたが、シロアリの姿は確認されなかったことからシロアリ駆除完了と判断しました。

ブリングシステムは、他のベイトシステムよりも駆除までの期間が早いのが特徴です。これは毒餌剤の種類の問題ではなく、システムのコンセプトがしっかりしており、イエシロアリの生態を考慮されていることが理由です。ベイトシステムの中には長期に渡って高額な費用がかかるケースもあるようですので、消費者もシステムのコンセプトがしっかりしているかどうか見極めることが重要です。

|

« 壁内から這い出るクロアリ | トップページ | 灯火に群がる羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁内から這い出るクロアリ | トップページ | 灯火に群がる羽アリ »