« ややこしい場所から | トップページ | 駆除処理の違い »

2019年9月 7日 (土)

外構部のシロアリ被害

外構部のシロアリ被害 昨日はいつもお世話になっている設計事務所さんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ点検調査でお伺いしました。この物件では外壁でシロアリ被害と生息が確認されたことから、駆除処理を実施、その後設計事務所さんにより被害外壁を撤去、金属製の外壁へと変更されています。その際、別の場所の外構部でシロアリの生息の報告があったとのことから、点検調査と併せてお伺いしました。

シロアリの生息が確認された外構部は右の写真で、構造的に地面と近くなっています。お施主さまからはできたら駆除して欲しいとのことから、少量の薬剤で注入処理を実施しています。構造的にはシロアリの侵入しやすい構造ですので、日常的に注意を払っていただくようお願いしました。

家屋の点検調査としては、非破壊シロアリ探知機を用いた点検調査を実施しました。床下のない逆ベタ基礎構造の物件で、設計図面と照らし合わせながら点検調査を実施した結果、シロアリの侵入は確認されませんでした。

外構部にシロアリが侵入する事例の多くは、地面と外構部の距離が大きな要因となります。建築時にきちんと距離が取られているか、工夫が取られていればシロアリが侵入するリスクは極めて低くなります。無意識に作られる外構部は、シロアリの侵入リスクが高くなるのでご注意ください。

|

« ややこしい場所から | トップページ | 駆除処理の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ややこしい場所から | トップページ | 駆除処理の違い »