« 壁の隙間から発生した羽アリ | トップページ | 毒餌喫食を確認 »

2019年10月23日 (水)

浴室解体

解体された浴室 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内のリフォーム中物件にお伺いしました。2ヵ月前、リフォームに向けて事前にシロアリ調査を実施しています。その際、古いシロアリ被害とともに薬剤処理跡も確認されましたが、土壌表面には群飛孔である空中蟻道も確認されました。以前実施されたシロアリ防除処理では、シロアリ駆除を意識せず薬剤大量散布が行われたことから地中の巣系まで駆除できていないものと判断しました。

シロアリ調査結果をお施主さまとハウスビルダーさんに報告、結果的に侵入防止処理まで実施するシロアリ対策をリフォームに合わせて行うこととなりました。今回は浴室解体が終わったとのことから、侵入防止処理を行いました。ちなみに浴室は在来工法ですが、シロアリ被害跡は確認されませんでした。在来工法の浴室では、浴室内の壁面や床面のクラックから水漏れが起こり、その水分を採取のためシロアリが侵入するケースが多く、浴室解体時にシロアリ被害が確認されることが非常に多いのが一般的です。しかし今回シロアリ被害がなかったのは、浴室からの水漏れがなかったことが要因と考えられました。ちなみに撤去された浴室土台を確認しましたが、水漏れも形跡は確認されませんでした。水漏れの有無がシロアリを寄せる要因の一つであることを、改めて認識させられました。

今回の処理では、解体の終わった箇所及び一部解体してない床下部分について処理を行いました。お施主さまからは他の害虫についてもご相談がありましたので、その辺りも意識して処理を実施しています。

|

« 壁の隙間から発生した羽アリ | トップページ | 毒餌喫食を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁の隙間から発生した羽アリ | トップページ | 毒餌喫食を確認 »