« 安心を届ける | トップページ | 対策打ち合わせ »

2019年10月17日 (木)

変色には理由があります

カビの発生が確認された床板付近 右の写真は、先日シロアリ調査でお伺いした物件で撮影した1枚です。この物件では外構部にシロアリの生息及び被害が確認されたことから、シロアリ駆除処理を実施しています。

外構部でシロアリの生息が確認された場合、多くのシロアリ防除業者はシロアリ予防処理を勧めます。その理由としてシロアリが逃げてきて家屋内へ侵入するため、薬剤処理しましょうというのがストーリーです。これはそもそもシロアリ駆除技術がないことを表しているもので、外構部できちんと駆除できれば、そもそも家屋へ侵入することはないのです。

ちなみにこの家屋はベタ基礎構造なので、比較的シロアリが侵入し難い構造です。とは言え侵入する事例もあるため注意が必要で、侵入可能な箇所は限定的です。定期的にシロアリ調査、床下点検及び非破壊調査を実施し、早期発見に努めることがシロアリ対策の本質です。高額なお金を使って無駄な処理をする必要はありません。

今回の点検調査結果ですが、現時点でシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。但し、床下ではシロアリ被害はありませんでしたが、カビの発生が確認されました。お施主さまに状況を報告し理由に心当たりがあるか確認したところ、以前エアコンのドレン水が床下へ入り込み、それがカビの発生をもたらしたと判断されました。床下点検調査はシロアリの生息状況等の調査を行いますが、それら以外に床下の健康状態も調査します。大切な家のために何ができるかを、当社では常に考えています。

|

« 安心を届ける | トップページ | 対策打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安心を届ける | トップページ | 対策打ち合わせ »