« 2階の床板で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 基礎型枠 »

2019年10月 6日 (日)

シバンムシではありません

シバンムシではなくコクヌストモドキいつもお世話になっているハウスビルダーさんから、3年前に新築した物件で昆虫が大量発生すると虫体同定依頼をいただきました。お施主さまはシバンムシだと思うのですがとコメントをいただいています。

虫体を同定した結果シバンムシではなく、コクヌストモドキでした。コクヌストモドキは、穀物の粉に発生する昆虫です。食品工場や食品倉庫、パン屋などの飲食店でよく見かける害虫です。幼虫が穀物粉体に発生しますので、商品価値がなくなります。コクヌストモドキは一般家屋でもよく見かけますが、必ず発生源があります。乾燥穀物などの管理を徹底することが対策となりますが、現場を点検調査していませんのでの、具体的な提案はできません。今後はお施主さまとハウスビルダーさんとの調整で、点検調査にお伺いするか否かがの判断を待ちたいと思います。

ちなみに新築直後にコクヌストモドキを大量に見かける場合がありますが、このケースでは屋外からの侵入です。侵入する理由は、ある建材に誘引成分があると考えられているようですが、詳しくはわかっていないそうです。

ちなみに昆虫の同定は、専門家でも実体顕微鏡などを用いて同定を行います。一般の方が肉眼や虫眼鏡程度での判断では、誤診の元となるのでご注意ください。

|

« 2階の床板で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 基礎型枠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2階の床板で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 基礎型枠 »